思わずじーんとくるタイのCM

思わずじーんとくるタイのCM

人の心を揺さぶるものは世界共通だなと感じます。
最近見た動画はタイの通信会社のCMです。
貧しい家の男の子が病気の母のために薬を万引きするところから始まります。
薬屋のおばさんに捕まったところ、声をかけたのは飲食店をする男性でした。
男性はその子の母親が病気と知り薬代を払い、薬とともに店の野菜スープを持たせます。

 

30年後、男性は病気になり、その娘が治療代に困っていると請求書が届きます。
そこには治療や薬の明細が書かれ、全て0円になっています。
これらは30年前に野菜スープと共に支払済みと記されていたのです。
サインは医師の名前で、昔助けられた少年だったという結末です。

 

Giving is the best communication.の文字でじーんときます。
貧しい少年を助け、将来にその恩が返ってくるというストレートな話です。
言うなればパターン化されたもので、感動させるべく作られたものだとも思います。
それでも人間はみんなこういう優しい面があるのだと、世界中が思うのでしょう。
自分もこんなコミュニケーションの仕方をしなければと考えさせられました。